バイオリンの音符の読み方 | 趣味 | ja.aclevante.com

バイオリンの音符の読み方




バイオリンは、弦楽オーケストラを構成する4つの主要楽器のうちの1つです。ビオラ、チェロ、そしてコントラバスは、他の3つです。バイオリンはこれらの楽器の最も鋭いピッチを持つものです、それはそれが最高の音に達して、通常オーケストラに通じて、古典的なメロディー部分を演奏する間、ビオラ、チェロとコントラバスは調和しますそしてメロディーを支えなさい。

これら4つの楽器で使用されている3つのキー、またはキーの範囲があります。高、高、低です。それらは基本的には音楽的な言語であり、それぞれの楽器ができることの注意の範囲に合うように修正されています。バイオリンは最高の音を打つことができるので、バイオリン音楽は太陽の鍵で書かれています。ビオラのための音楽は高いキーで書かれています、そしてチェロとコントラバスはfキーで音楽を読みます。


バイオリンの楽譜を1枚選び、譜表の数を数えます。各行は音符を表し、5行でなければなりません。音楽では、音符はアルファベットの文字で表されます。AからGまで、そして音程が高くなるにつれて繰り返します。「オクターブ」として知られるものに分類されます。言い換えれば、Gの上に "H"が表示されることはなく、AからGへの別のグループにすぎません。


譜表間のスペースを数えます。各スペースは音符を表し、4行の間にスペースを入れないでください。最下行の下と最上行の上のスペースも音符を示します。基本譜表より低いまたは高い音符を演奏するときは、これを示すために追加の線を引くことができます。

譜表上のすべてのメモは、4弦バイオリンで演奏できるというメモに対応しています。一番下の弦のピッチは "G"で、ベースの譜表より低く表示されています。バイオリンの2番目に低い弦は "D"、次の弦は "A"、そして最も高い弦は "E"です。


各行のメモを学ぶためにニーモニックリソースを学びます。下から上へ、譜表の線はE、G、B、D、およびFの音符を示します。ニーモニック機能を使用すると、音符の順序を覚えやすくなります。

スペース内の各メモを思い出すのに役立つ頭字語を学びます。下から上へ、4つの音符があります:F、A、C、E。これは "FACE"のスペルです。


行のメモを書き、次にスペースを書き、譜表の空白の上に書きます。


開いたバイオリンの弦が楽譜のどこに表示されるかを学びます。弦Gは弦Dと同様に譜表の下に表示されます。次に、オープンAとオープンEは譜表の最初の2つのスペースに入ります。


音符の隣にあるバイオリンスコアのスコアを探してください。 1つは「シャープ」として知られている番号記号として見ることができ、もう1つは「フラット」として知られている小さい「b」として見ることができます。このセクションの次の画像に表示されるもう1つ注意があります。それは「天然」として知られています。

五線譜は、ある音符と次の音符との間の全体的な通過を示すだけですが、半分のステップもあります。これは、音楽に大きな明るく元気な音、またはわずかな悲しみや恐れの音を与えます。 Bemolesは、持続的で自然なことがこの事実を示すのを助けて、そしてペンタグラムのスペースとラインの間で彼を打つためにどんなメモをあなたに言うかをあなたに話します。シャープなものはあなたがより高くなるようにあなたに伝えます、そしてフラットはあなたがより低く行くようにあなたに伝えます。

前の記事

ビクトリア朝のコルセットの作り方

ビクトリア朝のコルセットの作り方

ビクトリア朝のコルセットは、その堅牢性とバストの支持のために、そしてその自然な砂時計の形状によって、以前のスタイルと区別されます。歴史的に、これらの機械刺繍されたコルセットは、望ましいコルセットとスカートの形のための支持基盤を作成するのに使用されました。...

次の記事

クリスマスのための簡単なステンドグラスのパターン

クリスマスのための簡単なステンドグラスのパターン

ステンドグラスはクリスマスにあなたの家を飾るためのカラフルな方法になることができます。地元やオンラインの工芸品店で簡単に手に入る材料で、誰でも窓、鏡、装飾品を飾ることができます。...